投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


バリケードの対応

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2017年11月12日(日)23時01分29秒
編集済
  ケト様

 『地下型の巣箱』を自作していただきましてありがとうございます。
写真の添付については、メール irisawa@jd6.so-net.ne.jp ご利用ください。

 ご報告の内容から、『砂っ固』は坂道ではなくバリケードの一部と考えられます。

ケトさんの場合は、ステップ9に差し掛かっている状態ですから、ケトさんのことを警戒しているバリケードではなく、他のなにかを脅威に感じた可能性があります。

したがって、外に出ている間に『砂っ固』をすこし投入して拒否反応がなければじょじょに増やして、その後にオシッコで固まった『砂っ固』の回収もして良いでしょう。

何を警戒してバリケードを作ったかは、よく観察すると見つけることが出来るかもしれません。

引き続き観察してください。

なお、ハムスターが『地下型の巣箱』の中にバリケードを作った場合の説明
http://www.ham-ham-ham.com/7.barricade.html
も参考にしてください。
 

判断に困っています

 投稿者:ケト  投稿日:2017年11月11日(土)17時17分37秒
  初めまして。
ジャンガリアンを迎えるにあたって、こちらのサイトを参考にさせていただきました。これだけ詳しく情報を公開していただいて、大変助かっております。

現在、ジャンガリアンに地下型の巣箱を与えて6日目になります。元々、一般的な方式で1週間ほど飼育したのちに地下型の巣箱を与えた形です。
巣箱は、こちらで公開されている図面を参考に自作しました。寸法等は、特にアレンジしていません。

今回判断に困っているのが、バリケードについてです。
巣材を巣箱内部の巣穴付近に集めているようなのですが、見た感じ、巣穴から通路に向かって坂ができるような置き方をしています。
バリケードだとモロに巣穴を塞いでくると思うので、ジャンガリアン本人が小柄なのもあり、自分の出入りがしやすい通路を作っただけなのか、バリケードなのかが判断できません。

ジャンガリアンの様子としては、透明な観察版越しに観察しても特に動じる様子もなく、寝室でぐでーんとしていたり爆睡していたり、といった様子です。

貯蔵もペースよくできていて、貯蔵庫は巣箱内に2室、地上の、いわゆる通常飼育の際に用いる巣箱?に1箇所、計3カ所に貯蔵してます。

人がいても構わず出入りはしていて、むしろ人の気配を感じるとエサを要求して寄って来ます。
手は全く噛まなくなりました。

気になるのがトイレで、巣穴真横にトイレを決めていたようなのですが、そのトイレ穴が先ほど申し上げました坂?で埋まり、最奥の大部屋端にトイレ跡が見られるようになりました。


長くなりましたが、質問としましては、
①坂?はバリケードではないと判断してトイレ掃除を行なってよいか
②坂?は巣穴横のトイレが臭くなったから蓋をしている、という可能性はあるか

の2点です。
写真があればわかりやすいのでしょうが、写真の載せられないBBSのようなので文字にて失礼します。
よろしくお願いします。
 

コットンについて

 投稿者:チョロマルメール  投稿日:2017年11月11日(土)00時18分47秒
  さっそくのお返事ありがとうございます。
コットンはハムスター自身が好んで巣箱に持ち帰るので気に入っているのだと思います。
心身共に健康なハムスターになれてるか不安な部分はありますが、このまま様子をみようと思います。
今後ともアドバイス宜しくお願いします。
 

コットンの安全性について

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2017年11月10日(金)18時31分34秒
編集済
  チョロマル様

 『地下型の巣箱』方式ではコットンを多用し、推奨しておりますが、事故は20数年間で一度もありません。
『地下型の巣箱』ご愛用の皆様からの事故報告も皆無です。

 コットンが危険だというネット情報が確かにありますが、飼育環境に問題があるなどのストレス状態で異常行動のあるハムスターの場合に起こるのかもしれません。

 『地下型の巣箱』方式で生活している、心身ともに健康なハムスターにはコットンの事故は起きないと考えています。

 この件は、
巣材 http://www.ham-ham-ham.com/suzai.html
でご案内しておりますので、参考にしてください。
 

コットンについて

 投稿者:チョロマルメール  投稿日:2017年11月10日(金)17時07分41秒
  はじめまして。
ジャンガリアンを飼っております。
度々、こちらのサイトを覗き、参考にさせていただいております。
冬を迎えるにあたってコットンを用意してあげたら、さっそく喜んで巣箱に持ち帰ってくれたのですが、頬袋に貯めて持ち帰ってるので大丈夫なのかと心配になりました。
飲み込んだり、そのまま残ってしまうことはないのでしょうか
 

このままゆっくり仲良くなっていきます!

 投稿者:まる  投稿日:2017年11月 3日(金)20時47分6秒
  お返事ありがとうございます。
このままコミュニケーションを積んでいき、
焦らずゆっくりと仲良くなっていければと思います。

たくさんの助言をいただきとても安心しました。
本当にありがとうございます!
 

噛み方で分かるハムスターの心理状態

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2017年11月 2日(木)18時25分39秒
編集済
  まる様

 飼育経験を積まないと、噛まれたときのハム君の心理を理解するのはちょっと難しいカモしれませんが、≪噛まないハムスターの育て方≫を良くご理解いただいているので、安心です。

 勘違いしやすいのが、手から食べ物をもらってくれたことで、信頼関係が出来た!!と思ってしまうことです。

 この時点では、『この手はオオカミの手では無い』ということを学習したに過ぎません。

公園に居た知らない犬でも、手からオヤツをもらうのと同じで、決して仲良くなったわけではないということを理解しておきましょう。

ですから、縄張りには入らないでネという感じで噛んでいるというまるさんの判断は正しいはずです。

ハム君はまるさんのことを脅威に感じているわけではないし、ハム君自身もストレス状態ではないので、引き続きコミュニケーションを進めて良いです。噛み方に抑制が働いていれば、その強さが次第に弱くなってきますから、大丈夫です。

血が出るほどに噛むというのは、ハム君自身に心理的な抑制が働かなくなっている最悪の状態です。ストレスが心身をむしばんでいる状態ですので、健康にも危険な状態のハム君ということになります。

まるさんのハム君にはあてはまりませんから、大丈夫です。
 
 

アドバイスありがとうございます!

 投稿者:まる  投稿日:2017年11月 2日(木)11時50分57秒
  分かりやすく説明して頂きありがとうございます。

確かにはじめにトイレ室だと思っていた部屋より巣穴側に2つ目のトイレ室ができていました。ハム君が安心して巣箱を使ってくれているようで何よりです。

地上での貯蔵も異常行動ではないのですね。地上もあまりいじらないようにしていたのですが、地上の環境管理に関してまたよく考えてみます。
写真をお送りしたかったのですがタイミング悪くスマホのカメラが壊れていて送れませんでした…
直ってからぜひまたご報告させてください。

それから、恐縮ですが追加で質問をさせてください。はじめは手からおやつをあげるときは指先でつまんで与えていたのですが、手の平におやつを乗せてハム君が近づいて来るのを待っていたところ、のそのそと近づいてきて指をクンクンと嗅いだあとにカプリと噛まれてしまいました。
まだ警戒されているのかと思い、その時はおやつをそっと床に置いて撤退しました。

次の日も同じ感じで、さらにその次は2回ほどカプリと噛まれるのに動じずに耐えてみたところ、カプリというよりガブっと噛まれてしまいました。
速やかに撤退しておけばよかったと反省しました。

急に動いたりしていないし、血が出るほどの強さではないので、入澤様の「噛まないハムスターの育て方」にあった「縄張り意識から噛む」というのに当てはまるのかなとは思うのですが…
できるだけ巣穴から遠い場所にしか手はいれていません。

もしかして、入澤様のおっしゃっていたようにハム君は地上の世界も自分のものと考えており、そこに侵入してきた私が気に食わなかった為わざわざ近づいてきて噛むのかな?などとも思っています。

今後噛まれることなくコミュニケーションを取るには、具体的にどうするべきなのか教えていただきたいです。お願い致します。
 

模様替えの過渡期です

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2017年11月 2日(木)09時53分25秒
編集済
  まる様

 『地下型の巣箱』を自作していただきましてありがとうございます。

ご報告の中だけで推測できることは、

≪まず『地下型の巣箱』の中の行動について≫

最初の模様替えの行動です。

ハム君は、『地下型の巣箱』をもらったばかりのときは巣穴から遠い場所にトイレ室、寝室、貯蔵室を作ります。
これは、警戒心が強いので、巣穴から遠い方がより安全だという本能による行動です。

ステップ10の段階になると、巣穴の外が安全であること、飼い主が危険でないことを学習しますので、『地下型の巣箱』の他の部屋にも目が行く余裕が出来てきます。

寝室やトイレ室を自分の好みに変える行動を起こします。この行動を促すために『地下型の巣箱』には5室あります。

さらに、今の季節は食べ物を貯蔵する季節ですから、積極的な貯蔵行動が見られるのが正常なハム君です。

≪巣穴の外の行動について≫

飼い主を全く警戒しなくなると、巣穴の外も自分の家の一部と拡大解釈するようになります。すると、食べ物を【地上の環境】にも貯蔵するようになります。

巣穴の中はハム君のもの、巣穴の外はまるさんの管理ということを教えてあげる場合には、【地上の環境】は定期的に撤去しても良いです。

ハム君にとってはまるさんのことも、周りも安心できるとても良い環境に居ることを自覚しています。

コミュニケーションを深めて、ますます仲良くなってください。

なお、詳しくは、写真を見せていただければ正確な判断ができます。
 

地上にも拠点を作り始めました

 投稿者:まる  投稿日:2017年11月 1日(水)21時15分52秒
  こんばんは。
地下型巣箱を自作し、10日前に生後1ヵ月のジャンガリアン迎えました、まると申します。

はじめは私の存在に気づくと即巣箱に逃げ込んでいたのですが、現在は全く警戒心がない様子で、手からおやつを受け取ってくれます。入澤様のおっしゃる通りに徐々に仲良くなることが出来ており嬉しい限りです。

しかし、少し心配事があります。
地下の様子が、寝室2つ(巣材多めと少なめ各1)、トイレ2つ、貯蔵庫1つとなっています。
そして最近は回し車の影がお気に入りのようで、しょっちゅうそこでパリパリとごはんを食べ、さらに新聞紙の下に貯蔵もしている様です。(地下の貯蔵庫よりもそちらの方が量が多い、、、)
そこでそのままうとうとしていることもあります。

地下の寝室でも寝ているし、トイレ掃除後もバリケードは作られなかったのですが、わざわざ地上に拠点のような場所を見出すということは、地下に何か不満があるのではないかと心配です。

このままにしておいて大丈夫なのでしょうか。
 

/628