新着順:7/6279 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

噛み方で分かるハムスターの心理状態

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2017年11月 2日(木)18時25分39秒
  通報 編集済
  まる様

 飼育経験を積まないと、噛まれたときのハム君の心理を理解するのはちょっと難しいカモしれませんが、≪噛まないハムスターの育て方≫を良くご理解いただいているので、安心です。

 勘違いしやすいのが、手から食べ物をもらってくれたことで、信頼関係が出来た!!と思ってしまうことです。

 この時点では、『この手はオオカミの手では無い』ということを学習したに過ぎません。

公園に居た知らない犬でも、手からオヤツをもらうのと同じで、決して仲良くなったわけではないということを理解しておきましょう。

ですから、縄張りには入らないでネという感じで噛んでいるというまるさんの判断は正しいはずです。

ハム君はまるさんのことを脅威に感じているわけではないし、ハム君自身もストレス状態ではないので、引き続きコミュニケーションを進めて良いです。噛み方に抑制が働いていれば、その強さが次第に弱くなってきますから、大丈夫です。

血が出るほどに噛むというのは、ハム君自身に心理的な抑制が働かなくなっている最悪の状態です。ストレスが心身をむしばんでいる状態ですので、健康にも危険な状態のハム君ということになります。

まるさんのハム君にはあてはまりませんから、大丈夫です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/6279 《前のページ | 次のページ》
/6279