新着順:14/6457 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

家の認識

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年10月 4日(木)21時09分15秒
  通報 編集済
  なかつ様
 毎週、ペーパーマット全交換して1週間かけてハムちゃんが掘って作った通り道やお部屋をぶっ壊してきた(10月3日)というのは『地下型の巣箱』以前のこと、ということですね。
 それであればなお、平安な『地下型の巣箱』を自分の家と認識しない原因を解明する必要がありますネ、写真から、全く認識していないことが分かります。
 認識しないのは温度が高い場合ががあります。ロボロフスキーの場合ジャンガリアンよりも暑さへの耐性が弱いです。『地下型の巣箱』の中が28℃以上の可能性はありますか?

 なお、寸法は写真で確認しましたが、ハム君は30グラム代でしょうから、適合しています。問題ないです。

 野生のロボロフスキーはナキウサギやスナネズミが使っていた巣穴を好んで使う

というのは、大きな誤解を生みますネ。ただし、自分の大きさに合った巣穴であれば、利用するでしょう。

 30mmφの穴の『地下型の巣箱』と、22mmφの穴の『地下型の巣箱』を、どちらでも自由に選べる環境の比較実験で観察すると、22mmφの『地下型の巣箱』を選びますから、ずっと大きな穴を『好んで使う』というのは、何らかの事情で仕方なく使っている場合はあるかもしれませんが、、、??です。
参考 ⇒ http://ham-ham-ham.com/1.0.suana.html


 家の認識には直接かかわりないかと思いますが、ハムスターの環境は遮蔽物がなく平面が良いです。
 ハムスターの警戒・食べられないための警戒のパターンは、敵を先に見つけて、見つけたら安全な巣穴に逃げ込むことです。さらに、巣穴から出る時には敵がいないことを納得してから出てくるためには見晴らしが良いことが必須です。


 
 
》記事一覧表示

新着順:14/6457 《前のページ | 次のページ》
/6457