投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ハムスターの晩年

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 1月19日(土)22時12分28秒
  ごつもつのママ様

 ハムスターはお腹に腫瘍ができる例があります。
自然界では動きが遅くなったハムスターはまっさきに狙われてしまうので、長生きすることは無いはずですが、良い環境の下では2年を超すことも珍しくありません。

 対策は、巣穴を広げてあげると良いです、さらに巣穴の下に踏み台を置いてあげると出入りが楽になるので良いです。

 『地下型の巣箱』の巣穴の大きさは30mmφですので、これを35mmφに広げてあげてください。
 広げ方はやすりで削るのが良いですがアクリル板は硬いので手間がかかります。
もう一つの方法は熱した鉄櫛のようなモノで穴の縁を溶かし広げる方法があります。
穴は真ん丸にしなくても良いので見た目を気にせず大きくしてあげてください。

 踏み台は巣穴の下の通路の壁側に割りばしのようなものをボンドで張り付けてあげれば踏み台(足掛かり)になります。
 

ハムの老後の過ごし方について

 投稿者:ごつもつのママ  投稿日:2019年 1月17日(木)23時07分13秒
  以前に、散歩中のハムに指を咥えられ、巣箱に招待されることについてご意見を頂きましたものです。
入澤様には健康なハムスターであること、信頼関係ができているとのお返事を頂き、安心しておりました。
その後も様子を見ておりましたが、ハムが歳をとるにつれ、同じような行動は減っていきました。
当時は生後1年2~3ヶ月ほどでした。ハムにも母性があるならそれによる行動だったのかもと思ったりしています。
現在は生後2年4ヶ月になり、可愛いおばあちゃんとなりました。
今回も入澤様のご意見を伺いたく、書き込みをいたしました。
3ヶ月ほど前からお腹が膨らんできて、今では巣箱から地上に出るのに苦労しています。
病院で診ていただいたのですが、腫瘍だが高齢なので手術はしないほうがいいと言われ、連れ帰った次第です。
巣箱の出入りのたびにお腹が引っかかり、休憩していることが多くなりました。
ハムは巣箱と地上に置いた別荘を行き来しているようです。
巣箱内で仰向けになって寝ている姿を見ると、地上の別荘だけではかわいそうだと思い、取り上げることができません。
このような場合、入澤様はどのように対処されますか?
 

3匹飼い

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 1月 4日(金)22時27分54秒
  初めまして様

 ハムスターは広い原野で一匹だけで生活している動物です。相手を求めるのは交尾の時だけで、普通は自分の縄張りを守って単独で生活しています。

 ハムスターを複数で飼えば、強いストレスが生じます。そのストレスは様々な形で現れます。

二匹飼いの弊害 http://ham-ham-ham.com/qa.2hikigai.html を参考にしてください。
 

幸せな一生

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 1月 4日(金)22時16分39秒
  floor様

 1年10ヵ月はハム君にとって決して短いわけではありません。
floorさんの元で楽しく幸せに暮らすことができたハム君は、floorさんに感謝しながら旅立ったはずです。
 

飼育セットの蓋の不要

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 1月 4日(金)22時11分37秒
  ミスターチョンボ様

返信が遅れましたことをお詫び申し上げます。

まず、チャイニーズハムでも蓋は不要です。

チャイニーズハムスターに限らず、ハムスターの行動はきわめて活発かつ大胆だと認識してください。
ハムスターはその見た目から想像する以上の運動能力があります。特に、メスの発情期の雄雌互いの行動は日ごろ乗り越えられないようなところも乗り越えて合いに行こうとします。

飼育セットはそのような行動を加味して蓋はいらない構造になっています。

蓋を用いないのは、ステップ8からのコミュニケーションをとるために開放にしてあるためです。
 

返信が遅くなりました

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 1月 4日(金)21時59分54秒
  ちくわ様
年末年始で返信が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

 脱走したとのこと、『地下型の巣箱』で飼育しているハムスターの場合は、外に出たのが【脱走】なのか、【外出】=散歩なのか、どちらなの行動なのかを正しく見極めてあげる必要があります。

【脱走】の意味は、囚われの身の人が自由を求めてそこから逃げ出すことです。逃げ出すことに成功したら、二度と戻る気にならないのは容易に理解できることでしょう。

【外出】の意味は、自分の家があって、外に出る行動です。外に強い関心を持ったり、偶然外に出ることができれば好奇心の強いハムスターですから、ありとあらゆるところを探検(自分の縄張りとしてパトロール)します。コードがあれば齧ってみます。十分に満足すれば自分の家に≪自分で≫戻ります。

ということで。連れ戻した現在、再び脱走したいのか、パトロールしたいのかによって、対応が異なります。

脱走の場合は、環境が悪いこと、自分の家という認識が無いのですから、戻らないのは当然ですから、まず今の環境の問題点を解決してあげる必要があります。

外出の場合は、自分で戻ってきたり、飼い主の元に寄ってきますので、可能であれば、定期的に外出、散歩をさせてあげるのが良いです。
『地下型の巣箱』で『巣穴の三大習性』の行動が実現しているハムスターの場合は、自分の家を認識していますので、外出と考えて良いです。
 

新年のご挨拶

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 1月 4日(金)21時39分4秒
  あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 

我が子の雲梯、ケージのかじる行動

 投稿者:初めまして  投稿日:2018年12月27日(木)23時53分35秒
  今ハムを3匹飼っていて、その一匹のあずきという名前の子なんですが、里親から迎え入れて3ヶ月目くらいなんですが初めのうちはなれないのもあってキィーキィー鳴いていたので餌の確認して補充などしていました。しばらくすると、雲梯とガジガジ行動がエスカレート(´・ω・`)雲梯をして落下で骨折する可能性があると合ったので骨折するくらいならと思い外遊びをさせたりとかもしています。来てから昨日までキィーキィーと怒るくらいで噛むことのなかった子が今日急に血が出るほど(実際には出ました。)噛まれ、もう少しご飯の量を増やせと訴えているのかどうなのかと悩んでおります。ほかの2匹よりポッチャりたい系なので肥満が少し気になる所で  

旅立ちました

 投稿者:floor  投稿日:2018年12月25日(火)03時42分40秒
  ご無沙汰しております、floorです。
昨年今頃、ジャンガリアンのプルーについてメールやこちらの掲示板でお世話になっておりました。

先程、プルーが動かなくなっているのを見つけたので報告と御礼に参りました。

プルーには触れ合いの多い楽しい1年10ヶ月をありがとうと思うと同時に、1年10ヶ月という短命に終わってしまったことを心から申し訳なく思っています。

ただ、プルーは地下型の巣箱の真ん中で最期を迎えたようでした。
それを見て、あぁこの飼育スタイルは間違ってなかったな、よかったんだなと改めて思いました。

ハムスターに限らずですが、最も安心するところで死ぬといいますから…プルーにとってそれが地下型の巣箱だったと思うと、それを与えてあげることが出来て本当によかった。

入澤さまにはとても感謝しています。
地下型の巣箱に出会い、プルーも私も幸せだったと思います。

ありがとうございました。
 

ゴルハムの脱走癖へのアドバイス

 投稿者:ちくわ  投稿日:2018年12月19日(水)11時53分55秒
  satosi様
アドバイスありがとうございます!!
天板の余りアクリル板はたしかにあります!それをどう設置すればいいのか?という問題で、
プラ板を簡単にテープでひっつけ、何度も設置して食い破られるのを繰り返して参っていたのです。
思い切ってアドバイスを参考にし、ねじで止める巣穴の改造をしようと思いました。
工事もハムやんの負担にならないようこっそりすばやくしようと思います。
思い悩んでいたことを相談出来たり、経験者からアドバイスを頂けるこの場が本当にありがたいなあと思いました。
改めましてsatosi様、丁寧なアドバイス感謝いたします。
有難うございました。




 

/649