<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ひまわりの種のあげ方

 投稿者:田中  投稿日:2021年10月 6日(水)08時40分35秒
編集済
  初めまして。
2日前から地下型の巣箱を使い始めています。
8ヶ月のジャンガリアン、オスです。
それまではケージに穴を開ける自信がなく、牛乳パックで自作したものをケージの中に入れて使っていました。
HPはよく読んでいたつもりでしたが、最近になり穴の開け方の記載を見つけ、ついに本品を導入した次第です。
牛乳パックのものも気に入って使用していたので引越しもスムーズでした。

掲題の件ですが・・・今まで、肥満のため獣医の指導によりひまわりの種を制限してあげておりました。(週一で2粒ほど)
本品使用にあたりなるべく同じようにしようと思って、まずはひまわりの種を10粒ほど与えてみたのですが、貯蔵せずすぐに食べ尽くしてしまいました。
2日目も同じ位追加したのですが、また食べ尽くしています。
他のエサも多種類おいていますがほとんど手を付けていません。
使用開始前に測った体重も67gあり、アクリル板の穴に引っかかって出入りに苦労するほどです。。
どうしていったらいいのでしょうか?

長文になりすみません。
助けて頂けたら幸いですm(_ _)m
 

順調ですから焦らずにハム君ペースで、、、

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2021年10月 5日(火)21時52分25秒
編集済
  西村様
 写真ありがとうございます。
ハム君に理想の飼育環境が出来あがっています。
『地下型の巣箱』方式のハード面で100点満点です。

 現在は、ソフト面でステップ5を通過したところですから、ハム君のペースでステップ6を確実に進めてください。
 先を焦らずに、ステップ6を確実にしっかりと通過していけば必ず仲良くなれます。

 ステップ6のポイントは、ハム君が西村さんのことをヒツジさんか牛さんと同じように、全く危険でないということを納得・学習することです。
遠くから見つめたり、そっと近づいたりするのはキツネの行動になってしまいます。

 ハム君は賢いので、ステップ6で『西村さんは危険でない』と一度学習すれば以降は普通に仲良く接することが出来るようになります。

ステップ8以降でコミュニケーションが取れるようになったら「ヒマワリの種」を手渡しができるようになりますから、冬に向けての貯蔵行動を観察できるようになります。
 

写真をお送りしました。

 投稿者:西村メール  投稿日:2021年10月 5日(火)11時03分30秒
  入澤二郎様
こんにちは。西村です。
先程、写真をお送りさせて頂きました。
ご確認お願い致します。
ステップ6だとまだ知らん顔を続けないといけないですね。確かに、2日程観に行かない日があったのですが、その時は自ら近寄って来てくれました。まだ距離を置く必要があるのかも知れないですね。
ちなみに、地下型巣箱の設置は9月からなので、本日で18日目です。よろしくお願い致します。
 

『地下型の巣箱』50日目

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2021年10月 4日(月)20時59分47秒
  西村様
 お問合わせありがとうございます。
『地下型の巣箱』をもらって50日ほどになりますので、仲良くなれてても良いころですネ
文面から、西村さんを警戒しているようです。
であれば、ステップ6が未完成のまま先に進んでいるかと推測されます。
つきましては、
ハム君の心理状態を知る必要がありますので、写真を見せてください。
1.『地下型の巣箱』のなかの状態
2.巣穴の外の状態(飼育ケースの底全景)
3.飼育環境全景
の最低3枚を見せていただければハム君の現状を判断できます。
なお、写真はハム君が散らかしたまま、ありのままの写真の方が良いです。
現状は、西村さんはハム君からヒツジさんの様ではなくキツネさんのように思われているかもしれませんネ
http://ham-ham-ham.com/qa.kakawaranaide.html
を参考にしてください。ステップ6に役立ちます。
 

ステップ8がうまくいきません。

 投稿者:西村メール  投稿日:2021年10月 4日(月)14時32分9秒
  入澤二郎様
こんにちは。
先月地下型の巣箱を購入させて頂いた西村です。

現在10ヶ月のジャンガリアン、オスを飼育しています。
9月18日から地下型の巣箱を設置し、ハムは順調に部屋作りや模様替えをしています。最近はほとんど回し車を回しておらず、ストレスも減っているようです。しかし、本来ならそろそろ懐いてくれても良い時期なのですが、私の顔を見ると猛ダッシュで巣穴に逃げ込みます。
近くに行くと鼻先で様子を伺って、出てくる時もあったのですが、急にバリケードする日があったり毎日一進一退です。夫と2人で眺めている時も、私の顔を見て逃げてる気がします。巣箱の掃除など私がしているからでしょうか。(巣箱はトイレ掃除だけにしてますが、バリケードの日などで毎日出来ず、1回に少し時間がかかります)
私は基本在宅なので見に行く回数も多いからかもしれません。
ステップ8がなかなか進まないのですが、改善点、もしくはコツを教えて下さい。
よろしくお願いします。
 

お礼

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2021年 9月27日(月)13時05分20秒
  ご回答ありがとうございました。バリケードは開閉自在でハムスター自身で壊して出てくることができるとのこと。安心いたしました。  

バリケードは開閉自在です

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2021年 9月25日(土)10時14分49秒
編集済
  まつもと様
 バリケードは崩して外に出ます。
人が寝静まって安全だと思ったときにバリケードを崩して外に出て活動します。
巣穴に戻るときにまた作り直しています。
外におやつなどの目印を置いておけば、夜中に活動しているのが確認できます。

 バリケードを作ったことによって、ハム君の二つの心理を知ることが出来ます。
一つは、作ってもらった『地下型の巣箱』を自分の家として認識したことです。
バリケードは自分の家を守る行動です。

 心理のもう一つは、外敵など巣穴の外に脅威を感じていることです。
敵がいるから進入拒否のためのバリケードができます。
脅威は他のペットであったり、人であったりいろいろですが、『地下型の巣箱』の中に侵入されたことによる拒否反応の例が多いです。自分の家に侵入される脅威です。
脅威がなくなればバリケードは無くなります。
食べ物と寝室用の巣材を、巣穴の外に十分な量置いてください。
品切れ厳禁です。巣穴の外には食べ物と巣材が十分にあって安心だということを学習させてあげることでストレスが無くなります。
 

ジャバラトンネルに作ったバリケード

 投稿者:まつもとメール  投稿日:2021年 9月23日(木)09時10分38秒
  ゴールデンハムスターのメスを飼育中です。図面通りに地下巣箱を作りましたが、設置場所の関係で地下巣箱の入り口とアクリルケースの底ををジャバラトンネルで繋いでしまいました。バリケードを砂っこで作るのですが、後から後から砂っこを押し込むのでトンネルいっぱいにギチギチに砂が詰まった状態になってしまいました。そのまま丸二日間、上に上がってくる様子はありません。貯蔵も不十分、水もとっておらず心配です。ハムスターが自分で作ったバリケードを壊せなくなる、ということはありますでしょうか?  

肥満について

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2021年 9月 4日(土)04時11分40秒
  『地下型の巣箱』入澤二郎は、『地下型の巣箱』方式の飼育経験のみなので、肥満及び肥満による病気の経験は無いのですが、
肥満を心配して相談に来られる方の大部分が、体重を基準にされている傾向が強いです。
例えば、
標準が45グラムという何かの情報を信じて、55グラムであれば、肥満と判断して心配する。
というような場合です。

『地下型の巣箱』方式のハムスターの例では、
大人になりたての頃は40グラム
逞しい青年期には60グラム
晩年は35グラム
また、秋には体重が増える傾向があります。
などがあります。

 ご自分のハムスターがおよそ2年の間の成長に合わせて体重が変化することをまず知ってあげることが重要でしょう。

 次に、本当に肥満であるなら、腹部・胸部・を触ってみれば解るはずです。しかし、安心して触らせてくれるような信頼関係を築けないと、また、何匹も触ってみて比較できないと、ふっくらとした外見だけでの肥満判定は危険です。

 時には、獣医さんに血液検査をしてもらったらコレステロール値が高く血糖値も高かったというような報告相談も頂きますが、ハムスターの一生である2年間という短期間に糖尿病に罹患させてしまうような飼い方の方が問題です。
病院の好きなハムスターなんていないと思います。

以下、参考にしていただけるページです。
http://ham-ham-ham.com/ham.9.tadasii-esa.html
 

K様に確認

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2021年 9月 4日(土)03時37分2秒
  K様
プデングの肥満遺伝子の件ですが、
1.どなたが
2.プディングの遺伝子解析をされて、
3.それが肥満遺伝子であることを突き止めて確認して、
4.どこに発表しているのでしょうか?

動物学者の皆様による、ハムスター関連の学術論文はできるだけ見るようにしていますが、上記の報告は見落としているようです。
是非出典を教えてください。
 

/673