投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


近況報告

 投稿者:スギ  投稿日:2018年 2月20日(火)22時24分55秒
  入澤さん、飼い主の皆さん

こんにちは!
ハムを飼い始めて2ヶ月、かなり慣れてくれてトイレも定まりました。
巣箱は概ね上手に使ってくれていたのですが、トイレについては砂を掻き出したり、今日はこの部屋、明日はこの部屋となかなか定まらない日々でした。
その都度そっと砂をかけ続ける日々でしたが、なぜか突然トイレ室を決めてくれたようです。
きっかけは特になかったので、ハムスターって面白いなあ~という気持ちです。

トイレが決まってなかったということは、よく考えたら完全には安心していなかったのかもしれないですね。
そういえばここ最近で慣れ度もアップしたような…撫でても平気になりました。

今試行錯誤されている方も、きっと慣れてくれる日が来ると思ってのんびり頑張って欲しいです!

最近ちょっと気になることは、ハムが大きくなって巣穴を通れなくなったらどうしようかな…と。
この前体重を測ったら60グラムオーバー。元気ですし肥満はそんなに心配してないですが、なにぶん横に大きいので、巣穴を通るときも『うん…しょっ…!』という感じです(笑)
たまに自分で齧って穴を拡げようとしているようです。

まあ…ハムは今日も巣箱で爆睡してるので良しとしようかなと思っています^ ^
 

心の傷の深さ

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 2月11日(日)21時52分52秒
  ひろ様

 『地下型の巣箱』を自作していただきましてありがとうございます。

ハム君は、ひろさんに助けてもらったことを、何時か必ず感謝するときが来るでしょう。

しかし、

 ひろさんは、虐待された犬が人を信じるようになるまでに長い時間が掛かるテレビ番組をご覧になったことがあるでしょうか?、人を信じるようになるには長い時間がかかりますし、辛抱強い対応が必要です。
 ハムスターのなかでも大型のゴールデンはとても賢くて学習能力が高いので、イヌと同じです。
過去に起きた出来事をなかなか忘れません。大きな声で鳴いていたとすれば、ハム君にとっては極限状態であったと思われます。

 しかも警戒心が極めて強いゴールデンですから、ひろさんに心を開いてくれるのを、焦らずに待ってあげる必要があります。

 基本は、ハードの環境を良くしてあげることは言うまでもありません。
警戒していて通常のトイレ掃除ができない時には、自作応援の§5の「図面など」の中に、ゴールデンのトイレ対策があります。
⇒ http://www.ham-ham-ham.com/toire.pdf
ハム君に与える前にこの対策をしておくと良いです。

新しい『地下型の巣箱』の理想の与え方は、自分で新しい家を見つけて自分の意思で引っ越すことです。

新旧二つの家を同時にセットする必要があります。

引越ししてステップ5まで進んだら、心もずいぶん落ち着くはずです。
 

ハムスターの引っ越し

 投稿者:ひろメール  投稿日:2018年 2月11日(日)15時35分35秒
  一月八日に生後二か月位のきんくまハムスターを迎えました。最後の売れ残りの一匹で、小さなかご移されたばかりでかなりのパニック状態にみえました。ジュアジュアと鳴き続けていました。家に帰りゲージの中に入れると、すぐに地下に入りました。一週間位巣作りに専念させ、寝床と貯蔵庫もできていますが、初日からバリケードが頑丈に出来ています。一週間過ぎてから巣穴の側に餌を置き呼んでいますが、通路までは来ますが、警戒して出てきません。今まで一か月一度も地下の掃除はしていません。地下を頑丈な贈答用のリンゴの段ボール箱で作りました。只今の状態は仕切りを壊してバリケードに使っています。奥の部屋の仕切りはなくなっています。匂いも気になってきました。木の箱で既に新しい地下型巣箱を作りましたが、どのタイミングでどのように取替えるのが良いですか・・?夜中は出てきて餌を食べて回し車の音もしますが。人間をとても怖がっている様子で、地上での姿をみていません。本当になつく日は来るのでしょうか。その日が来れば良いのですが・・・。  

食べ過ぎませんから大丈夫です

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 1月31日(水)15時36分57秒
編集済
  東 様

 ご理解いただきましてありがとうございます。

 沢山貯蔵しても食べすぎることなどありませんし、ヒマワリの種だけ食べるなんて言うこともありませんので、ご安心ください。

何よりも、 食べ物の【品不足】【種類不足】のストレスから解放されますから、ハムスターの心身が健康になります。
 

反省

 投稿者:メール  投稿日:2018年 1月31日(水)13時43分55秒
  ご回答と指摘、ありがとうございます。
仰る通りだな、と反省しております。
ハム君の立場に立って考えればわかるところでした。
餌も床材も常に置いておけば、地震で十分コントロールできるということですね。
もし今までお腹を空かせている場面があったかと思うと、本当につらいです。
私よりハム君の方が辛かったでしょうけど。

ご指摘いただき本当にありがとうございます。

ペレット、ひまわりの種など、好きなものを好きなだけ与えてあげます。
 

食事制限は大きなストレスになりますし、時には危険です。

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 1月31日(水)11時29分56秒
編集済
  東 様
皆 様

 旧来の飼い方には、食べ物の量を制限する方法が推奨されています。これは旧来の飼い方をしている方には肥満にさせた経験があるということなのでしょうか?それを予防するためだと推測します。

 本ホームページの、ハムスターの家に『地下型の巣箱』を用いる飼い方については、ハムスター自身が持っている【必要なものを必要なだけ食べる】【本能と習性】を尊重した飼い方であり、これは、『巣穴の三大習性』の行動が実現できているハムスター(つまりステップ5に到達したハムスター)には正しく働くことが解っています。

 ハムスターには、猫や犬のように食いダメができるような胃がありません。食道の下に小さな胃があって、食べ物を一時間ほどで消化する仕組みです。つまり食べてから一時間たつとお腹が減るということです。2から3時間おきに食べる必要があるのがハムスターの食事です。昼間に寝ていても、起きて食事をする行動が観察できます。
3日食べなければ餓死するという学術的な報告があります。

更に、体重を基準にして食べ物を調節する危険について。

 旧来の飼い方には、ハムスターの体重が幼少期・少年期・青年期・壮年期・晩年と変化することに着目したサイトが見当たりません。人間と同じです。食べ盛りにはたくさん食べます。それぞれの期によって体重が変化しますし、必要な食事の量や種類も変化します。

 これを一律に45グラムが標準などとして、この体重を維持させようとすることが、固体にどのような負担ストレスを掛けるか?それが良いことかどうか?このBBSをご覧の皆様はどう思われますか?

 40グラムもいれば、50グラムも、時には60グラムで逞しいハムスターも実際に居ます。
これも人間と同じで、小柄でも大柄でも健康な人は健康です。

 自然界のハムスターには食べる物や量や食べる時間を決めてくれる人はいませんが、健康です。【必要なものを必要なだけ食べる】【本能と習性】が働いているからです。

 このホームページの基本は、ハムスター自身に【必要なものを必要なだけ食べる】【本能と習性】を発揮させてあげることです。

この件につきましては、『巣穴の三大習性』の中の貯蔵行動などで詳しく解説しております。
 

コットンをとっと与えてあげます!

 投稿者:メール  投稿日:2018年 1月31日(水)06時50分10秒
  おはようございます。
ご回答ありがとうございます。
バリケードではなくて安心しました。

ケースの写真、また送らせていただきましたので、ご確認お願いします。
太ってはいけないと思い、基本的にはペレットを毎日4グラム程度餌小皿においてます。
地下型では肥満にならないようですが、43グラムだったり日によって47グラムになったりするのでビクビクしてます。

手渡しでひまわりの種、リンゴなど好物はくいついてきます。おかわり出せ!の甘噛みもされるくらいしっかりと態度でかいです。笑。また腕までよじ登ってきたりして、こちらがびっくりします。どこまで登ってくるのか、また、落下したら危険なので、手ですくってゲージにおろしてますが。

部屋は普段留守なので、その時は雪が降らない限り暖房なし。ここもと寒波により暖房14度設定で付けっ放しにしていたくらいです。ゲージ下の暖房は切ってます。夜睡眠時は暖房なしです。私が帰宅してる間、つまり夜から深夜は20度くらいの暖房を入れてます。
 

バリケードではありません

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 1月31日(水)01時18分8秒
編集済
  東様

写真見ました。
 貯蔵が少ないままステップ8に入っています。貯蔵については、飼育ケースの中の写真が無いので何とも言えませんが、既にトイレ室も出来ているので、好物を手渡しで上げれば貯蔵する状態です。試みてください。

 ティッシュがはみ出しているのはバリケードではありません。大丈夫今の掃除のやり方が受け入れられています。

 写真では、全体的に冬の『地下型の巣箱』の中の感じが弱いです。
先に、暖房が効いていて入らなかった経緯がありますが、写真では奥の大部屋と通路右側に寝床を作ったことが確認できますが、冬型の寝床にはなっていないので、ハム君はいまは冬だ!!という実感がないのだと思われます。コットンが無いので作れないということも考えられますが、、、
ただし、飼育ケージがある部屋が暖かい部屋であるなら、このままで春を迎えても良いです。

 

バリケードでしょうか

 投稿者:メール  投稿日:2018年 1月31日(水)00時05分40秒
  入澤さま

いつもご相談に回答いただきありがとうございます。

今はトイレ掃除だけ、ハムが外に出た時に瞬時に行うだけにしています。
ハムから地下を開けているのが見えないようにゲージごと移動して砂入れ替えしたのですが、以下の点が気になっています。巣箱についてはメールで写真を送らせていただきます。

貯蔵がまだ始まって着る様子がないのですが、与えている餌が少ないのでしょうか?
ティッシュはしっかり準備して置いてあります。

また通路に少し伸びているティッシュはまさかバリケードではないでしょうか?
トイレの砂を触ったことでバリケードされたのではないかと気になったのですが、いかがでしょうか?

普段の生活ではこちらに興味を示す様子はないですが、やはりまだ地下で過ごすことが多い感じがしています。
 

回し車を回す理由

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 1月28日(日)00時29分18秒
編集済
  もよぞう様

 『地下型の巣箱』を自作していただきましてありがとうございます。

回し車を回す行動の解明が出来ていません。

単なる運動がしたいからということでないことが解ってきました。
ストレスで回しているストレス発散型もあるようです。

しかし、『地下型の巣箱』を家に持って『巣穴の三大習性』の行動が実現して、飼い主とも仲良くなった、心身ともに健康になっているハムスターは回し車をあまり回さなくなることもわかってきました。
外出(放し飼い)をさせているので、運動不足にはならず、まず2年以上健康に生活しますから、回し車を回さないことが運動不足で健康を害すとは言えなくなっています。

食べ物も貯蔵して、安眠・熟睡もできる安全な家で生活していれば、無理に運動しなくても済むのではないか?という考えもあります。

最も、回し車を回しても回さなくても、『地下型の巣箱』の中で『巣穴の三大習性』の行動が実現できていることが健康の指標ですので、今のところ心配はいらないと思います。
 

/641