投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


気温差の大きい時期の切り替えについて

 投稿者:きびだんご  投稿日:2019年10月 9日(水)02時48分55秒
編集済
  ここ数日の一日の気温差が10度を超えるような日がありますがその際の暖房スイッチを入れるかどうか悩んでいます。
最高気温25度、最低気温13度。こんな感じの日がありこれからあると思います。

今日は最高気温25度、最低気温15度。我が家のハムスターは今月2歳を迎えました。
夏の暑い時期、地下型巣箱、クーラーを使用して夏は快適に過ごせました。

ここ最近、はスイッチを切った状態で使用しています。
暖房のスイッチはいれてませんが敷材紙材を使っていますが、朝晩の気温差が心配で急激に寒くなったりしたら困るので予備にヤシ型の以前使用した巣箱を入れて、そこだけには綿と紙の敷材の柔らかいものを別宅としていれました。

15度前後の気温で温度差が10度以上あるような場合に暖房のスイッチを入れるべきか悩んでいます。

入澤様のご意見お聞かせください。宜しくお願い致します。
 

ヒツジとキツネのページ

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年10月 6日(日)01時19分34秒
編集済
  皆様
9月30日のハムスターにとって重要なこと
の中で、キツネかヒツジの例について、お問い合わせがありました。
大変失礼いたしました。
http://ham-ham-ham.com/qa.kakawaranaide.html
の中でご案内しております。

主旨は以下の通りです。
ハムスターはとても警戒心の強い動物のため、自分のことを食べるかもしれないと飼い主をキツネに例えてしまう場合があります。反対に、自分のことなど絶対に食べないヒツジの様だと認識する場合があります。
この違いは、飼い主の接し方、飼い主の行動によって決まるということです。
 

ハムスターにとって重要なこと

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 9月30日(月)01時07分29秒
編集済
  ジロロ様
 ハムスターにとって重要なことが3つあります。
一つは、飼い主が脅威でないことです。これは飼い主をキツネかヒツジの例えでご案内している通りです。
もう一つは、『地下型の巣箱』が安全な家であることです。
自分の周りに敵が居ないこと、自分の家は安全であること。この二つは、人間と同じですネ
三つめが食べ物が豊富にあることです。
ハムスターにとっての豊富というのは、明日も、明後日も、そして長い冬の間、春になるまで食べられる量が自分の目に見えていることです。併せて巣材も豊富にある必要があります。
以上の三点を満たしてあげれば、ストレスなく心身ともに健康に育ちます。

この様なハムスターは、人と上手にコミュニケーションを取るようになります。

ジロロさんのハム君はこれまでにいろいろ怖い経験をしていたようなので、ジロロさんやご家族のハム君に対する優しい思いを正しく受け入れる心の余裕が、今はありません。
特にキンクマなどの大型種は学習能力が高く、賢いがために、一度学習したことを学習しなおすのに時間を要します。

皆さんが居るのに巣穴に逃げ込まなくなったのは、ステップ6通過の行動ですから、皆さんの心は伝わり始めていることが分かります。とても良い傾向です。
ただし、ステップ4は飛ばしてますので、ステップ6を発展させながら、ステップ4と5の実現を見守ってあげてください。
写真を送っていただいていますが、過去の堅牢なバリケードがかなり穏やかになってきているのは良い傾向です。皆さんが仲良くなれるのに2か月はかからないように感じます。

 

アクリル板の隙間から餌あげてました…

 投稿者:ジロロ  投稿日:2019年 9月29日(日)08時27分57秒
  入澤様

ご助言ありがとうございました。
その後、仕事の合間に巣箱と同サイズの外側の木枠だけのものを作成し、トイレにしていると思われる部屋の床にドリルで穴あけ加工をして木枠の中にトイレ砂を入れたタッパを置き、その上に巣箱を置く形にして様子を観察しています。
候補が2箇所あったので両方で加工しましたが、一方のタッパにはトイレ砂に少しかかった跡がありましたがもう一方はなしでした。ただどちらかと言うとない側の巣箱の床の方が湿っているので、残置していた砂が穴を埋めてしまったのか、穴の位置が適切でなかったのか。
もう少し穴を増やすべきかとも思いましたがあんまりボコボコ開けてしまうと隙間風とか違和感を感じて怒るんじゃないかと悩み中です。
バリケードも相変わらずで、夕方~夜の間は通路も開通していて、妻や子供達がいても割と出てきて餌を食べたり毛づくろいしたりもしているようです。
僕は大抵帰宅が遅いのですが、巣穴の中でカリカリ音がして、覗いてみると仕切りの穴をかじっていたり、たまに出てきてくつろいだりもしていますが金網をかじったりする行動も見られます。
こちらにたどり着くまでの2ヶ月間に、良かれと思ってではありますが、人間の土俵で散々かわいがりをしてしまったので警戒心を解いてもらうのに時間がかかるだろうとは覚悟しております。
同じだけかかるとしたら2ヶ月ですね。子供達もよく我慢しているようです。

と書いている最中に子供が起きてきたので聞いたところ、巣箱を覗いた時にアクリル板の隙間からかぼちゃの種をあげていたようです。ガバッと開けた訳ではなくチョイと隙間から差し込んだ、と言うことのようですがこれが原因でしょうか?
その時は最初に寝床にしていた奥の大きな部屋にいて、布をめくった時は起きていて餌が入ってきた事に気付いて頬袋につめて持っていった、と言うのが子供の談です。どうやら1回でなく時々それをしていたようで、餌を入れても気付いたり気付かなかったりだったそうです。
今も巣箱で布をめくっても起きないくらいにぐうぐう寝てますし、お互いの信頼関係はともかく巣箱は気に入ってもらったと思っていたのですが、巣箱そのものを安全な自分の家と認識していない可能性もありますでしょうか?
一度仮の家を作って様子を観察した方が良さそうですか?
それとももはや新居を作って引っ越しを促してあげるべきでしょうか?

失敗ばかりしていておたべには申し訳ない限りですが、迎え入れた以上は出来るだけのことをしてあげたいので、改めてご助言頂ければ幸いです。
 

ハムスターの心理を知ることができます

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 9月24日(火)22時07分28秒
編集済
  皆様

 『地下型の巣箱』方式の特長は、ハムスターの行動を観察することによって、ハムスターの心理を知ることができることです。

 バリケードができれば、巣穴の外を怖がっていることが分かります。
 出てきている時に、皆さんの姿を見ても巣穴に逃げ込まなければ、皆さんのことを脅威とは感じていないということが分かります。
 貯蔵を沢山していれば、食べ物のストレスが無いことが分かります。
『巣穴の三大習性』の行動が実現できていれば、心身ともに安定していることが分かります。
などなど、ハムスターの心理が分かって正しく接してあげれば、簡単に仲良くなれます。
 

堅牢なバリケード

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 9月23日(月)09時05分21秒
編集済
  ジロロ様

 メールでお答えいたしましたが、添付いただいた写真には堅牢なバリケードが確認できています。
 巣穴の外に大きな脅威を感じている時に見せる典型的な行動です。

 『地下型の巣箱』方式では、まず第一にハム君と信頼関係を築くことから始めます。
迎えてからステップ6までの間、つまり数日間のうちに、ハム君が自分が連れてこられた新しい環境に脅威が無いことを納得し学習します。
 人間をキツネの様に感じるかヒツジのように感じるかはこの間の飼い主の行動によります。人がこの間に怖い思いをさせれば、そのことを学習します。
 どう感じるかはハム君の主観ですから、ここで大切なことは、飼い主の気持ちではなく行動なのです。ステップ6は、皆さんが居ても巣穴から出てくる、あるいは、皆さんの姿が見えても巣穴に逃げ込まないという行動を見せてくれる、信頼関係ができ始めるステップです。

 堅牢なバリケードを作っているということは、巣穴の外に強い脅威があることを学習したということですから、ステップ6の行動をとってくれません。

 ステップ6に進めないと、トイレ室の掃除を始めるステップ7に進むことができません。

ジャンガリアンなどの小型種(ドワーフハムスター)の場合は、仮にバリケードを作ってしまうようなことがあっても時間をかけてステップ6に進めばよいので、それからステップ7に進んでトイレ掃除ができますが、
キンクマ君のような大型種の場合は、オシッコの量が多いので、ステップ7を気長に待つということができません。
出てきてくれないのでいつになってもトイレ掃除ができないという状態になってしまいます。
無理やりトイレ掃除をすればますます警戒されてしまいます。信頼関係を築くということからますます遠ざかってしまいます。

今、ジロロさんのやることは、トイレ室の床に穴を開けてオシッコを下に逃がしてあげることです。
メールでご案内した通りです。

トイレ問題を解決したうえで改めて、ステップ3からの信頼関係を構築してください。

 

対策のない部屋でのトイレ

 投稿者:ジロロ  投稿日:2019年 9月22日(日)14時16分6秒
  入澤様

初めまして。
メールで質問も差し上げましたが、こちらのBBSに同じような質問が少なかったので、オープンなところでお尋ねする意味もあるかと思い、書き込み致しました。重複していてすみません。

我が家のおたべ(キンクマハムスター)は6月末に生まれて7月半ばに里親さんから迎え入れました。
飼い始めてからこのサイトにたどり着いて、先週の連休に地下型巣箱を自作して導入したのですが、その際に自作のページの「ゴールデン用トイレ対策」を読んでトイレ(のつもりの)部屋にタッパを入れて元々のトイレ砂から濡れた部分も入れておきましたが、思惑通りにそこを使用してくれる訳もなく、何もないところがトイレになっている気配です。
決めてくれたのならそれはそれで良いのですが、ステップが5の2辺りで足踏み中なので砂の投入はもう少し控えるべきかと考えております。バリケードもまだありますので。ただその場合巣箱が大丈夫かどうかが心配です。
巣箱には桐を使用しましたので吸放湿性はある方だと思いますが、カビとかが生えなければ大丈夫でしょうか? 大丈夫なら当面は強行侵入はしないほうが良いと考えております。
床下にスペーサーをかませて通気性を良くしておくくらいはした方が良いですか?
うちのようにキンクマやゴールデンなど、大型種をお迎えしてしまった後にこのサイトに来る方もいると思いますので、お知恵を拝借できれば幸いです。
 

食べ物の量

 投稿者:ミスターチョンボメール  投稿日:2019年 9月10日(火)05時03分5秒
  わかりました
餌の量を増やして見ます
 

良い環境の条件

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2019年 9月10日(火)00時10分10秒
編集済
  ミスターチョンボ様
写真見ました。
 食べ物が極端に少ないのですが、お考えがあってのことですか?
ハムスターが今自分が居る環境が良い環境である、つまりここで生活していれば安全安心であるという認識をする条件が三つあります。
1.敵に襲われることなく、安全な巣穴の中で安眠・熟睡できること。
2.食べ物が豊富にあって餓死する心配が無いこと。
3.巣材が必要なだけあること。
これが満たされることで、自分のいる環境に満足します。環境が狭いという問題は残りますが、それよりも、この三つの方が最優先されます。
写真で見る限りは、2が満たされていませんネ
ハム君は、2が満たされないことによるストレスを感じていることが多分に予想されます。http://ham-ham-ham.com/kaikata.html
の写真を参考にしていただければ解決します。
おそらくですが、ハム君は今の環境から、より食べ物が豊富な環境を求めて移動したいと欲しているはずです。
『地下型の巣箱』を自分の家と認識しない原因です。
オシッコの臭いを中に入れるなどは不要です。
ハム君が、ここは食べ物が豊富で安心して生活ができると納得させてあげれば、ミスターチョンボさんの今抱えている問題は解決します。
なお、これから秋にかけて、冬の到来を感じるハム君は食べ物を貯蔵し始めます。
たっぷりと与えることが重要です。
 

回し車に小便跡

 投稿者:ミスターチョンボメール  投稿日:2019年 9月 8日(日)12時59分7秒
  入澤様日曜日未明に透明板を、初めて
開けましたが小便跡が全くみられてません
ので、おかしいとおもいましたので、
地上をくまなく知らべた所
回し車に大量の小便跡が、見られました
貯蔵がだいぶしておりますので
自己判断ですがステップ5の2と判断しております
質問ですが、回し車の小便をコットンで拭き取り
そのコットンを地下巣箱に入れてもよろしいでしょうか、地上の飼育現場の写真を送りましたが届いたでしょうか
 

/658