投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ステップ5の通過は本能の行動

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 8月30日(木)22時30分38秒
  ステップ5は『巣穴の三大習性』の行動が実現できることです。

このステップ5は、ハムスターの本能による行動ですから、ハムスター固体の差はありません。
『地下型の巣箱』と巣材と食べ物を与えてあげれば、どのハムスターもステップ5を通過します。


従いまして、ステップ5が不完全であるということは、ハムスターの問題ではないということが分かります。
 

原因解明

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 8月30日(木)08時36分15秒
編集済
  こたく様

 写真を送っていただきました。
ステップ5が完成していない原因を、まず解明することをお勧めいたします。

 家をもらったハム君ですが、その家を自分の家として認識しないということは、家を単に隠れ場所程度に考えている可能性があります。
 であれば、ハム君は自分の家を持たないハムスター独特のストレス行動を起こします。

 なぜ家の認識がないのか?

温度管理はされているということなので、それほど複雑な阻害要件はないはずです。隙間風が入ればダメですし、『遮光布』で暗くしてあげなければ落ち着きません。原因は自作された『地下型の巣箱』にあるのではないでしょうか?

 ハムスターが家を求める本能はとても強いですが単純です。
『地下型の巣箱』の基本的な要件が満たされていれば自分の家とするステップ5は、どんなハムスターでも簡単に通過するステップです。

 

再度脱走

 投稿者:こたく  投稿日:2018年 8月26日(日)11時05分16秒
  地下巣箱の壁をかじり脱走し、その度に補修してきました(二回箱自作、木よりも透明アクリル板の蓋が二回分で高かった)が、やはりリビングで飼育しており、隙間がたくさんあり、かじられ対策も取りきれず、困りました。
外出なのかもしれませんが一晩放置もできずなかなか難しいものです。
午前中の外出でハムスターは米袋を2つかじり穴を開けてくれました(T_T)。
 

(無題)

 投稿者:やまメール  投稿日:2018年 8月20日(月)00時00分21秒
  入澤様、改めてのご説明本当にありがとうございます。
みのりさんも一案を投じてくださり、ありがとうございました。

これまで出して頂いた案を元に頑張ってみようと思います。
そして、もし仮に入澤様の設計通りの地下型の巣箱が与えてあげられなかったとしても、こちらのサイトで学ばせていただいたハムスターの性格や、仲良くなるために警戒させないこと、危害を加える存在ではないと認識させてから徐々にコミュニケーションを取り始めることや、適した居住空間の条件などをしっかりと頭に入れて、入澤様の例えで言うならば使用したハードは違うけれども、同じような成果が得られるように頑張っていきたいと思います。
そのためには長年の入澤様のハムスター研究が掲載されている、ホームページがまだまだ必要なので今後もお勉強のために閲覧させて頂きたいと思います。

本当にどうもありがとうございました。
 

『地下型の巣箱』方式の根幹は、ハードとソフトの両輪です

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 8月19日(日)21時23分48秒
編集済
  『地下型の巣箱』方式の根幹は、ソフトとハードの両輪であり、しかも必須です。

 やま様・みのり様には既にご存知いただいていることと察しますが、『地下型の巣箱』方式は、ソフトとハードの両輪で構成されています。
 今回の一連の投稿内容をご覧になった方からメールのお問い合わせをいただきますが、『地下型の巣箱』の作り方つまり、ハード以上に、接し方(ソフト)がとても重要であることを改めてご案内いたします。

 『地下型の巣箱』方式はハムスターと仲良くコミュニケーションが取れることに特長があります。
 ハムスターと仲良くなるためには、ストレスなく健康に生活できて、心に余裕を持ったハムスターであることが必要です。
 『地下型の巣箱』はそのために必要な住環境=ハードです。

 『地下型の巣箱』方式のハムスターの接し方=ソフトは、ハムスターが自分の家を持って落ち着くまでの、迎えた初日から数日間は、一切かかわらないことが特徴です。
警戒心が極めて強く、とても賢く学習能力が高いハムスターに、皆さんが、警戒されないためです。ハムスターが皆さんのことを『警戒する必要がない飼い主』と認識すれば、仲良くなるためのコミュニケーションを簡単にとることができます。

ハムスターの気持ち
http://ham-ham-ham.com/kimoti.html を参考にしてください。





 
 

ゴールデンの『地下型の巣箱』

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 8月19日(日)01時01分21秒
編集済
  やま様・みのり様

 ステップ3の時に、ハムスターに警戒されるようなかかわりを持たないこと、ステップ7までに、この飼い主は「羊の様で、自分を食べようとする狐の様ではないようだ」と、学習させてあげれば、そして、トイレ室の『砂っ固』の入れ替えを、侵入されたと思われない軽度から始めれば、やまさん・みのりさんのアイディア工夫をする必要がないのですが、
 この、ゴールデンハムスターに警戒させない、初対面の時の接し方(ソフト)のノウハウが一般に浸透しているわけではありません。本当は、この接し方の方がハムスターにとってとてもうれしいことで、仲良くなるための基礎になります。

しかし、ここは、警戒されてしまった場合のトイレ対策をあらかじめ施しておこうというのがテーマです。

自作応援の中の、ゴールデンのトイレ対策
http://ham-ham-ham.com/toire.pdf
でご案内のように、とにかく、オシッコは吸い取って外に出すという方法、あるいは外に流れ出させて吸い取るという方法が良いです。みのりさんのような方法で良いです。
ありがとうございます。
 

横スレ失礼します。

 投稿者:みのり  投稿日:2018年 8月18日(土)10時39分21秒
  やまさんの巣箱にコルクを敷くアイデアから思いついたのですが、地下型巣箱の底板部分を金網仕様にして、犬用のトイレシートの上に巣箱を置くというのは、どうでしょうか?

地上に出ている隙に、シートを交換すれば、砂っこなしでも大丈夫なのでは?

入澤さま、しょーもない思いつきで、申し訳ありません。
 

ご回答ありがとうございました

 投稿者:やまメール  投稿日:2018年 8月18日(土)06時24分13秒
  入澤様、丁寧な回答をありがとうございます。

なるほど…。
トイレ掃除・生ものの撤去などの作業と、コルクボードをまるまる取り替えることを同レベルで考えていたのですが、後者の作業は大掛かり過ぎて、侵入されたとハムスターに気づかせてしまう可能性が高いと言うことですね。


トイレ対策についての他案もありがとうございます!
地下型の巣箱の環境が良すぎてトイレを外に誘導するのは難易度が高そうですが、頑張ってみようと思います!
お忙しい中、親身に相談に乗っていただき、本当にありがとうございました。
 

ゴールデンの『地下型の巣箱』

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 8月17日(金)04時39分37秒
  やま 様

ご理解ありがとうございます。
やま様は失敗しない方だと感じられます。

ご質問ですが、コルクはとても良い材料です。
しかし吸水能力は限られているので、ゴールデンのオシッコを留めるには無理があります。
しかも、吸い込んだオシッコの臭いがのこりますので、『地下型の巣箱』の中の湿度と臭いはかなりのレベルになります。
もう一つ重な問題は、コルクを入れ替えるとなると、ハムスターに対する侵入行為になりますので、警戒されてしまいます。
ハムスターは真っ暗な巣穴の中で何不自由なく生活していますから、僅かな変化も察知します。
『地下型の巣箱』をもらったハムスターは、そこを自分の家として認識しますから、あげてしまったら、侵入はできないと思っていただくとよいです。
中に入るのは、トイレ室の掃除と、貯蔵室の生ものなどの撤去だけで、あとはすべてハムスターがやります。

ということで、オシッコ対策で工夫される場合は、①オシッコをとにかく外に誘導する。または、②消臭効果のある『砂っ固』のようなものにさせて、回収する。
のいずれかが良いです。

当ホームページは自作応援ホームページです。
 

ゴールデンのトイレ対策について

 投稿者:やまメール  投稿日:2018年 8月15日(水)06時26分19秒
  ゴールデン用巣箱についてのご回答ありがとうございました。

大型種は失敗される方が多いから、気軽に飼育セットを購入できてしまわないように…という意味で販売はされていないということですよね。
初めはドワーフ系で…ということですが、やはり私が欲しいのは何度考えてもゴールデンなのです…

先日ホームセンターで木材などを見ながら巣箱のことを考えていて思ったのですが、入澤様の設計よりも巣箱の内寸を1cmほど高くして、巣箱の中に厚さ1cmのコルクボードを敷き、その上に着脱可能な内壁(入澤様の設計だと外枠と内壁は接着されていると思いますが)を置き、ハムスターのトイレ掃除が1週間ほどできなかったとしてもコルクボードを取り替えれば、比較的清潔さが保てるかな…と考えましたが、この案についてはどう思われますか?(ハムスターの生活スペースの内寸は入澤様の設計と同じになります)コルクボードにした理由は木材に比べて伸縮性があるため隙間から尿が外枠の板に漏れ出すことを防げるかなと思ったからです。

トイレ対策としてプラスチック容器をはめておくという方法も読みましたが、巣箱の各部屋のサイズに適度にハマってくれる容器ってそう無いですよね。それに巣箱は壁が地面に対して垂直ですが、市販のプラ容器は大抵ボール底みたいになっているので固定されずらい心配もあり…

設計図通りを推奨されているのは重々承知の上ですが、どうしても地下型の巣箱でゴールデンを飼いたい苦肉の策だと思って、ご回答いただけると幸いです。

 

/644