投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:しーも  投稿日:2018年 5月31日(木)01時52分28秒
  ご回答ありがとうございます。

巣箱のふたを外してみると予想以上に臭いがきつくこんなところに住まわせていたのかとハムに申し訳なくなりました…
これでもかというほどトイレ対策をしっかりした巣箱を今日設置したのでこれでしばらく様子を見てみます。

あとは少しずつ焦らず警戒を解くまでがんばります!ありがとうございました。また何か不安なことがあれば相談させてください。
よろしくお願いいたします。
 

ゴールデンのトイレ掃除

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 5月28日(月)13時18分45秒
編集済
  しーも様

 これからの季節はトイレ掃除ができないと臭いもきつくなりますので、特にオシッコの量が多いゴールデンの場合は、掃除ができる信頼関係が望まれます。

 しかし、ゴールデンは学習能力が高いので、過去に警戒を学習すると、ジャンガリアンなどに比べるとなかなか警戒心を解いてくれません。

 そのような場合には、警戒しているゴールデン用のトイレ対策が効果的です。

http://www.ham-ham-ham.com/toire.pdf

ホームページの自作応援の§5図面など。ゴールデンのトイレ対策の末尾に説明図がありますので参考にして地下型の巣箱を作ってあげてください。

※ゴールデンは頑固なところがありますので、バリケードをなかなか解かない場合があります。しかし、『巣穴の三大習性』の行動が出来ていれば、信頼関係を築くことが出来ます。
 

部屋の掃除のタイミング

 投稿者:しーも  投稿日:2018年 5月26日(土)16時13分17秒
  はじめまして。いつもこのサイトの情報を参考にさせていただいています。
5/1より生後一ヶ月のゴールデンハムスターを飼っています。

2週間ほど前に自作した巣箱を入れてそこに住み着いているのですが初期にバリケードを作ったまま未だに解除されずに中がまったく掃除できていない現状です。バリケードがなくなるまでそっとしておくというアドバイスを見て餌と水換えだけにしほとんど接触は控えてきましたが、私が勉強不足なせいで小屋を導入する前などにまだ慣れてないうちに何度か構ってしまったのが原因でバリケードがなくなる気配がありません。部屋中にもマーキングのように壁におしっこしていて不衛生そうだしずっと巣箱に日中は引きこもっているのでこのまま病気にでもなったらどうしようと思う反面また無理矢理掃除したらさらに警戒されて一生心を開いてくれないのではと心配しています。

一度もう一回おしっこで汚れてしまった巣箱を新しくしておしっこ砂でマーキング対策をしっかりしたものに変えて慣れるまで様子見るのがいいのかと考えています。

少しずつ怯えなくなってきたように見えますがこのまま部屋の掃除ができずにおしっこだらけの巣箱に引きこもらせるのは心配です。上記のような多少のストレス覚悟でもリセットするという対策でもいいのでしょうか。お忙しいかと思いますがご意見聞かせていただければ幸いです。
 

ご回答ありがとうございました

 投稿者:trinity3  投稿日:2018年 5月23日(水)10時33分50秒
  早々のご回答ありがとうございました。

「安全圏は5日間」とのこと理にかなったご説明ありがとうございました。10日間は不可能ではないがハムスターにとって不快な環境になるかもしれませんね。我が家のハムスターは私のトイレ掃除が3日ほど空くとティッシュなどをトイレ部屋に持ち込んでその上で尿をしています。巣の材料を充分に用意してあげればその方法で乗り切ってくれるかもしれません。

まだ、留守にするまで時間があるのでどのようにするか考えてみます。
相談に乗って頂きどうもありがとうございました。
 

留守番の日数

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 5月23日(水)00時55分8秒
編集済
  trinity3 様

 夏の温度管理ができていれば、地下型の巣箱で正常に生活しているハムスターであれば、5日は安全圏です。貯蔵ができていますから10日間で死ぬようなことはありません。
 問題は、トイレ掃除と、新鮮な野菜があげられないことです。

ただしトイレは帰ってからきれいにしてあげれば良いです。

新鮮な野菜は、しおれる前に交換できるとよいですね、知人にお願いするとか、、、。
大きなままあげるというのは、新鮮さが長続きするからです。
 

留守にする日数

 投稿者:trinity3  投稿日:2018年 5月22日(火)11時55分10秒
  入澤様から昨年12月中旬に巣箱を購入した者です。

入澤様の巣箱のおかげでハムスターと家族が健康で快適な関係を築けております。ありがとうございます。

質問させて頂きたいのは入澤様の巣箱でハムスターを残して留守にした場合、どのくらいまでハムスターが健康に過ごせるかと言うことです。こちらの掲示板を逆上り読み5日間くらいは適温・大きなキャベツを置いていけば大丈夫とあったかと思うのですが(我が家のハムスターは大きな部屋と小部屋2つにいっぱいに貯蔵しております。)、入澤様はどのくらいまで大丈夫とお考えか聴かせて頂ければ幸いです。

大事なペットを置いてと読まれている方で批判もあるかと思いますが、当方は10日間の留守を予定しています。ペットシッターを雇った方が良いかと検討しておりますので、ハムスターの生態に精通している入澤様からご回答頂けると大変嬉しいです。

 

ハムスターの心身が安定する基本

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 5月21日(月)02時41分21秒
  海 様
 地下型の巣箱方式にご理解を頂きましてありがとうございます。

 ハムスターが安心しているかどうかを外見から判断することはほぼ不可能ですが、行動で判断することが出来ます。

それが、『巣穴の三大習性』の行動の実現です。

1.寝室に自分で作った寝床で安眠・熟睡している。
2.貯蔵が出来ている。
3.トイレ室を決めて他の部屋の清潔を保っている。

この三つの行動が確認できれば、
●自分の家を持ったことを自覚したことが解ります。
●自分の家を持ったハムスターは心身ともに健康になります(人と同じです)。

ということで、『巣穴の三大習性』の行動ができていれば、あとはステップ6以降に添ってコミュニケーションをとるようにしていただけば、今の状態でよいです。

木の棒を狂ったように齧っているならストレス行動ですが、落ち着いて齧っているなら歯のメンテナンスでしょう。

ストレスが無いハムスターであれば自然界と同じように歯の伸びをメンテナンスしますが、ストレス下のハムスターはそれがおろそかになってしまうためか歯が伸びてしまうことがあります。今伸びた歯を減らしているのだと推測します。


 

ハムスター夏対策ついて

 投稿者:シイノメール  投稿日:2018年 5月20日(日)09時34分22秒
  入澤様

ご回答ありがとうございました。
 

初めまして。

 投稿者:  投稿日:2018年 5月20日(日)03時08分33秒
  去年の11月に初めてジャンガリアンを飼いました。
圧倒的な勉強不足の為、始めは全然ソッとすることなく、普通に接しておりました。
おうちも旧来のやり方でやってましたので、相当ストレスだったでしょうね。
夫婦そろってガブガブされてました…。
ここのサイトを遅ればせながら最近発見して読んでからは大反省しました。

うちはかなり自己流に作ってしまって、地下型ではないのですが、部屋は5室に分け、透明板、暗幕をかけ、餌もたっぷり置くようにしました。
おうちを変えた瞬間、すぐに変化が現れせっせと家作りに励んでくれました。

私はハムが巣穴から出てきたら、餌箱に乗せて旧来のゲージに移して、透明板外して軽くトイレ掃除して、少量の砂を足して、蓋を閉めてからハムを戻してあげます。
あとは知らんぷりです。
まだこの巣箱にしてから2週間なので、こんなかんじでよろしいでしょうか?

今日は、餌箱に乗せる時に指をかいで甘噛みを二回されましたが『ガブガブじゃない!』と若干嬉しくなりました(笑)
まだまだ信用度は少ないみたいですが、最初に比べたら変化があるので前向きになれました。
またサイトを熟読して、餌箱が巣穴から近かったので、遠目に置いて今度はそこから外に移そうと思います。

あと、木の棒が2本くらいあって今日熱心にガジガジしていたんですが、これは何かの兆候ですか?
過去にも同じ質問があったらすみません。

ここのサイトを見てから、何よりハムの負担を減らせたことと、ハムスターの飼い方についてよく勉強させて頂きました。
まだまだ信頼関係を築き上げ最中ですがここを参考にして頑張ります。
長くなりましたがありがとうございました。
 

警戒範囲

 投稿者:『地下型の巣箱』入澤二郎  投稿日:2018年 5月19日(土)02時19分36秒
編集済
  シイノ様

 ハムスターが警戒するのは巣穴の中です。巣穴の外の変化は受け入れますが、巣穴の中の変化、自分の家の中の変化は侵入警戒の対象になります。
 シイノさんの行為はストレス源になるでしょう。

 環境の温度が24℃なら問題ありません。

●ペレットに水を含ませて食べさせるのは、デメリットがありますのでお勧めしていません。
まず、噛まない(咀嚼しない)で食べることに因る歯のすり減り効果が無くなること。
柔らかくして食べさせる(ニンジンなどを茹でて与える例)のは、硬いものを食べられなくなった高齢のハムスターの対応です。

●人に例えたら、健康な人におかゆを食べさせるのに似ていますネ
 

/646